<< 教科書販売の激務 | main | 青春の巻き返し >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

親友が出来た

JUGEMテーマ:日記・一般


思えばあの頃の私は「鉄人」でした(笑)

まさか特定疾患の私があれだけ過酷な労働に従事し
はつらつと働いていたとはたらーっ

本がぎゅうぎゅうに詰められた箱には
「投げないでください」と書いてあるのですが
入社当時は「なんでこんなこと書いてあるんだろう?」
と不思議だったのですが、
この頃には容易に段ボール箱を投げられる筋肉がついていたので
「はいはい、優しく運びますよ〜楽しい
と注意して持っていましたイヒヒ

精神的にもしっかりしてきて
目標を持って生きられるようになっていました。
そしてこの頃から同じ会社の先輩にあたる女性に仲良くしていただき、
親友となることが出来たのです。

at 02:44, あーちゃん, 4、書店勤務編

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 02:44, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://sle.jugem.jp/trackback/109